どんなに金利が安いキャッシングでも金利には要注意


Posted On 6月 1 2016 by

たとえどんなに金利が安いキャッシングを利用するとしても、普通預金や定期預金などに比べたら全然安いとは言えません。ですから絶対に油断などしてはいけませんし、返済に対しては入念な事前の計画を立てておくなど、万全の備えをしておかなければならないのです。
そもそも借金をする際の金利とは、他社と比較して「安い」とか「高い」とか言っていてもあまり意味はありません。それよりも現実的な利息の支払い負担と正面から向き合って、無事故で安全で確実な返済を心掛けるべきなのです。とにかく金融機関を利用して借金をする時は、お金を借りる時よりも返す時のほうが大変なのです。ですから金利が安いキャッシングといえども、完済するまでの明確なビジョンは絶対に必要なのです。
ところで金利とは、通常、「実質年率4.5%から18.0%まで」という具合に下限と上限とが表記されています。ですから下限の数字だけに目を奪われてはいけないでしょう。それよりも、むしろ上限にこそ目を向けるべきだと言えるのです。そのほうが現実的です。それから即日融資を希望する時は、あまり金利にこだわっていては時間ばかりかかってしまい、時を逸してしまう危険がありますので要注意です。
また、多くのクレジットカードにはショッピング枠だけではなくてキャッシング枠も付いていますが、その枠でお金を借りる時もまた、元金に利息を上乗せして決められた期日までに返さなければならないことは通常のキャッシングと全く同じです。

Last Updated on: 6月 3rd, 2016 at 6:38 am, by tuskmvd580


Written by tuskmvd580


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です