カードローンは収入証明書が不要です


Posted On 6月 1 2016 by

銀行カードローンは収入証明書の提出が不要です。

消費者金融のキャッシングでは1社からの限度額が50万円を超える場合および全社合わせての限度額が100万円を超える場合に収入証明の書類提出が求められますが、カードローンではそうした決まりはありません。よって、基本的には提出義務はないとしています。ただし、絶対に不要というわけではなく審査で必要と判断された場合に限り提出を求められることがあるので用意しておきましょう。
ちなみに、収入証明書は給与明細、源泉徴収票、確定申告書などになります。

提出が求められるケースとしては例えば、各銀行で指定する融資の上限額を超える場合、在籍確認を拒否したい場合、その他の理由により必要と判断された場合などです。
提出が求められる融資の上限金額は目安として200万円〜300万円ほどですが、中には500万円というケースもあるので一概ではありません。また、審査では在籍確認が必須とされていますが、中には会社に連絡してほしくないという方もいます。その場合は、収入証明書を提出することで確認連絡を免除してもらうこともできるでしょう。
いずれにしても各カードローンによって異なるので事前に確認してみてください。

即日借入れも可能ですが、書類の提出がスムーズにいかないとその日にお金を借りることができません。基本的には求められるケースは少ないですが、万が一のために用意しておくことをおすすめします。

Last Updated on: 6月 3rd, 2016 at 6:36 am, by tuskmvd580


Written by tuskmvd580